パーレイ法で大成功したとしても限界がある

色んな所で述べられていることですが、オンラインカジノのゲームには、投入できる金額の限界があります。パーレイ法の限界も、オンラインカジノに投入できる金額までとされています。13連勝くらいまで行ければ、1000ドル以上受け取れる可能性もあるのですが、対応しているオンラインカジノのゲームが存在しないので賭けられません。

オンラインカジノのゲームは賭金が限定されている

上限を設定して、これ以上の金額を賭けられると処理できない状況を作っているのもオンラインカジノです。ゲームの賭金は、ソフトウェアによって設定されるようになり、金額が微妙に違います。300ドルまでしか賭けられないなら、オンラインカジノのゲームでも小さいと考えてください。
パーレイ法の場合は、256ドルという数字が1つの目安となっています。この数字は、1ドルからスタートした時、9連勝したことで発生する金額です。10連勝できるかどうかは、オンラインカジノの上限が影響してくるので、10連勝できない可能性もゲームによってはあります。ここで終了となれば、利益としては大きいですが、もう1つ大きな階段を登りたいなら、少しがっかりするでしょう。
賭金は、500ドルまで設定されているゲームも多いですが、1000ドルまで入れられるものは少なくなっています。ライブゲームなら投入できる可能性も持っていますが、オンラインカジノによる違うも当然あります。大金を入れられると思ったら、全然入らないような設定もあり得るので、しっかりとチェックしてからパーレイ法を楽しんでください。

限界まで行ったらパーレイ法を中止しよう

限界の付近まで行ってしまったら、投入する金額を減らしてパーレイ法を挑戦するよりも、このまま終了してください。無理をして減らしてしまうと、パーレイ法の理念が失われてしまいます。しかも大きな損失が一気に発生することになりますので、あまりいい気分ではないはずです。
オンラインカジノとしては、限界を設けないと処理できない設定も当然あります。処理できない金額を入れられてしまい、ソフトウェアの負担を大きくしたくありませんから、限界を結構小さくしています。パーレイ法だと、この限界が最後の壁となってしまい、終了するタイミングに変わってしまいます。
限界が500ドルの場合は、最後に256ドルくらいと考えて、10連勝でストップさせることが一般的と考えておきましょう。