日本を見据えたオンラインカジノが展開されるのは何故なのか

オンラインカジノは、誕生から25年以上の歴史があり、近年では日本に上陸する数も多くなりました。
その中で、日本という風土や、日本のユーザーを見つめた、日本向けのオンラインカジノもいくつか登場しました。
今回は、日本向けのオンラインカジノの紹介や、オンラインカジノの日本での発展の歴史を紹介します。

日本とオンラインカジノの関係

日本とオンラインカジノの関係
日本では、賭博法によって現実での闘技場、いわゆるカジノの運営は行えません。
しかし、オンラインカジノは、インターネットを通して、他の国にあるサーバー内の、仮想のカジノに入場してカジノで遊ぶという考え方になります。

つまり、海外にサーバーがあるオンラインカジノでは、日本国内にカジノは存在しないため、合法的にカジノで遊ぶことが可能なのです。

このような背景があることと、日本にいながらにして、カジノで遊びたいと思うユーザーがいることから、日本を見据えたオンラインカジノが増えてきたのです。

日本向けのオンラインカジノの上陸と進化

日本向けのオンラインカジノの上陸と進化
オンラインカジノが日本に上陸したのは1997年ころで、日本ではインターネット発展の黎明期でした。
そして、ジパングカジノをはじめとするオンラインカジノが、日本語に完全に対応したサイトや、日本語のサポートを開始したことで、日本向けのオンラインカジノは2000年代後半から数を増やしていきます。

また、オンラインカジノは運営母体が海外の会社で、カジノサイトの設置されているサーバーが海外にある事から、ユーザーの情報を保護するための、セキュリティの強化も意識されはじめました。

オンラインカジノでは、運営に必要な権限を得るために、賭博を公認している国からライセンス認証を得ます。
日本向けに展開するオンラインカジノでは、特にセキュリティや公平性、透明性が重視されるため、この頃から、取得基準が高いマルタ島のライセンスや、キュラソー島のライセンスを取得する動きが出てきました。

日本向けのオンラインカジノが増える理由

日本向けのオンラインカジノは増加してきましたが、全てのオンラインカジノに共通する点が一つあります。
それは、日本向けに展開されるオンラインカジノは、日本国内にサーバーを設置していないことです。

仮に日本の会社がオンラインカジノを運営しようと計画し、サーバーと運営会社を国内に置くと、賭博場を設置したことと同義になってしまい、摘発される可能性があります。
そのため、日本の会社はオンラインカジノに参入出来ないのです。

しかし、ラッキーニッキ―やジパングカジノなどの海外のオンラインカジノは、そのような日本の法規制を理解したうえで、日本のユーザー向けにサポートを手厚く行い、合法的にカジノを楽しめるように配慮してきました。
これが、日本向けのオンラインカジノが増えた理由です。

日本に沿ったオンラインカジノの紹介

日本に沿ったオンラインカジノの紹介
それでは、日本を意識した運営方針をアピールしていることや、日本のユーザーに向けたサービスが豊富なオンラインカジノを、3つ紹介していきます。

ジパングカジノ
2005年に運営開始されたジパングカジノは、日本で運営されているオンラインカジノの中で初めて、24時間のサポートデスクの設置を行った実績があります。
名前に日本を表すジパングを付け、カジノゲームも、日本語のみで問題なく使用できます。

運営元であるASIANBGE社は、アジア最大のオンラインカジノ運営会社のため、アジア圏の言語に強いスタッフの配置が可能な点は、他のオンラインカジノと比べ、大きな利点です。

ラッキーニッキー
ラッキーニッキ―は、2017年に創設されたオンラインカジノです。
ラッキーニッキ―の注目点は、日本のアニメーションのようなデザインのイメージキャラクターを作成したり、日本の文化をイメージしたサイトデザインを心がけた、日本向けのオンラインカジノであるということです。

ラッキーニッキ―では、サイトの背景が、日本の繁華街をイメージしたイラストを使用したり、スロットゲームに鯉や、忍者といった日本の伝統的な文化を取り入れたりしています。

ラッキーニッキ―も日本語でのサポートを行っており、24時間対応のメールサポートと、午後3時から午前3時まで可能な、日本語での電話対応も可能です。

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノは、2011年に運営がスタートしたオンラインカジノです。
サイトの表示言語も日本語に対応していて、運営スタッフにも日本人が常駐しています。
また日本のプレイヤーのみ参加できるキャンペーンの展開や、日本国内の銀行口座に、電子決済サービスなどを使用せずに出金できるサービスなど、日本のプレイヤーに向けた手厚いサービスが大きな特徴です。

オンラインカジノでは日本語でのサポート対応が充実しているものや、専用のキャンペーンの開催、さらにカジノゲーム自体に日本の要素を取り入れたりと、日本のことを想ったカジノが出てきました。

日本のプレイヤーを尊重し、法律に沿って海外の会社が運営するオンラインカジノは、日本のユーザーにカジノを遊ぶための入口を広げる役割を果たしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です