ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件

海外を拠点としライセンスを所持するネットカジノでしたら安心安全に遊ぶことはできますが、場合によっては摘発される恐れがあることも忘れてはいけません。
ベラジョンカジノやカジ旅、ジパングカジノなどの大手オンラインカジノでしたら問題ありませんが、注意したいのは日本人プレイヤーに特化したネットカジノです。

そこで今回の記事では、ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件についてまとめてみました。
スマートライブ事件とはどんな事件なのか?どうしてネットカジノプレイヤーが摘発されたのか?その後どうなったのか?などを詳しく見ていきましょう。

スマートライブ事件とは

スマートライブ事件とは
スマートライブ事件とは、2016年3月に初めてネットカジノプレイヤー3人が摘発された事件です。
それまで店舗型のネットカジノ、いわゆるインカジ店の摘発は何度もありましたが、自宅のパソコンやスマホを使っていたにも関わらず摘発されたことで、ネットカジノプレイヤーを震撼させました。

この事件をきっかけに「やっぱりネットカジノで遊ぶことは違法だ」「ネットカジノプレイヤーは摘発される」などと、ネットカジノに関するネガティブな情報が広まりました。
しかしネットカジノで遊ぶことに違法性は無く、たとえ日本国内で遊んだとしても摘発される心配はありません。

どうしてプレイヤーが摘発されたのか?

どうしてプレイヤーが摘発されたのか?
現在ほどではありませんが、2016年当時でもネットカジノプレイヤーは数多くいるのにも関わらず、どうしてスマートライブだけが摘発対象になったのでしょうか?
そもそも日本の賭博法が適用されて摘発されるのは、日本国内で賭博行為をした時であり、海外を拠点とする合法ネットカジノで遊んでも賭博法は適用されません。
スマートライブもライセンスを所持していましたし、拠点もイギリスに置いていました。

しかしスマートライブでは、日本人ディーラーがテーブルにつくなど、日本人専用のテーブルが用意されていたのです。
さらに日本人が多くアクセスする時間帯を狙ってテーブルを開放していたことから、言うならば日本人に特化した運営を続けていました。
この事実から、警察は「スマートライブの胴元は日本にいる」とみなし、プレイヤーの摘発に踏み切ったのです。

プレイヤーが特定された理由

スマートライブで遊んでいた日本人プレイヤーは数多くいましたが、なぜ3人だけが警察によって特定されてしまったのか気になるところです。

その理由がスマートライブのアカウントIDが写ったページをスクリーンショットし、SNSやブログへ投稿していたからです。
警察でスマートライブのアカウントを作成し、日本人専用テーブルのチャット履歴から証拠を集め、SNSやブログへ情報開示を求めたことから3人の摘発に踏み切りました。
つまりSNSやブログでプレイの様子を投稿していなければ特定されなかったのです。

ネットカジノは違法ではありませんが、法的にはグレーゾーンです。
スマートライブ事件のようなトラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので、SNSやブログなどで堂々とプレイの様子を公開するのは避けるようにしましょう。

その後プレイヤーはどうなったのか?

その後プレイヤーはどうなったのか?
摘発された3人には単純賭博罪が適用され、略式起訴によって10~20万円の罰金刑が課せられました。
オンラインカジノは違法なのか?と思うかもしれませんが、同年にスマートライブ事件以外にもNetBanQ事件でプレイヤーが逮捕されました。
その際、スマートライブ事件と同様に3人の内2人は罰金刑を受け入れましたが、1人はこの処分に納得できず、弁護士を雇って裁判で争うことにしたのです。

弁護士は「ライセンスを所持する合法ネットカジノの胴元は処罰できない」「胴元を処罰できない以上、プレイヤーも同じく処罰できない」「賭博法における刑事責任は胴元にある」という意見書を検察側に提出しました。
その結果、検察側が「裁判になっても有罪にすることは難しい」と判断したことから、1人は不起訴処分を勝ち取ったのです。
罰金刑を受け入れた2人は残念ながら前科が付く結果となってしまいましたが、一度受け入れた以上、これは仕方の無いことです。
それでもこの不起訴処分により、ネットカジノで遊ぶことは完全なる違法というわけでもないという形になり、裁判で争う姿勢を見せた1人の功績は大きいと言えます。

まとめ

今回は、ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件について詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
このスマートライブ事件を教訓として、ネットカジノのプレイをSNSやブログで公開せず、あまりにも日本人に特化したネットカジノの利用は避けるべきです。
日本の警察により「違法性があるとみなす」と判断されることで、理不尽ではありますが、摘発対象となってしまうケースがあります。

同じようなトラブルに巻き込まれないためにも、ベラジョンカジノやカジ旅、ラッキーニッキーカジノ、ジパングカジノなどの大手ネットカジノで遊ぶことをおすすめします。
これら大手ネットカジノでしたら安心安全にギャンブルを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です