ルーレットの簡単なルール説明と実際に遊ぶ際に注意するべきこと

ルーレットの簡単なルール説明と実際に遊ぶ際に注意するべきこと
ルーレットは「カジノの女王」と呼ばれるほどカジノで圧倒的な存在感のあるゲームで、初心者でも遊びやすい簡単なルールであることが魅力です。
他のテーブルゲームの場合、様々なアクションを自分で選択する必要がありますし、基本戦略であるベーシックストラテジーの知識もある程度理解しなければいけません。

しかし、ルーレットであればたとえオンラインカジノ初心者の方であっても、悩むこと無く簡単に遊ぶことができます。
そこで今回の記事では、ルーレットの簡単なルール説明と実際に遊ぶ際に注意するべきことを解説していきますので、是非参考にしてみてください。
お金を賭けてルーレットで遊ぶ以上は勝ちたい、そんな方の参考になれば嬉しいです。

ルーレットのルール説明

ルーレットのルールは単純明快で、最終的にボールが落ちるであろう数字を予想し、的中すれば配当を得られるギャンブルです。
数字を単体で狙うストレートアップが的中すれば最大の36倍になりますし、数字2個の間へベットするスプリットなら18倍、4個の数字の中心にベットするコーナーなら9倍、他にも2倍や3倍、6倍など、様々な配当があります。
配当が高ければ高いほど的中率は低くなり、逆に配当が低ければ的中しやすくなります。

ボールがホイールに投下されてからでも、ディーラーから「ノーモアベット」と声掛けがあるまでベットは可能です。
より多くの箇所へベットしたい場合には、ボール投下前からアクションを起こし、ベット漏れの無いようにスピーディーにチップを置いていきましょう。

簡単にルーレットのルールを覚えたところで、次の項目からはルーレットの勝率をアップさせるための注意事項を解説していきます。

必ずヨーロピアンタイプを選ぼう

必ずヨーロピアンタイプを選ぼう
ルーレットには、赤黒の1~36以外に緑色の0が存在し、もし0に入ってしまった場合には、赤黒や偶数奇数、コラムダズンベット、その他あらゆる賭け方で負けとなってしまいます。
0へのベットも可能ですが、一般的には狙わないのが普通です。

そこでルーレットには2種類のホイールが存在し、0が1つのヨーロピアンタイプ、そして0と00の2つがあるアメリカンタイプです。
当然0が1つ多いアメリカンタイプですと、その分的中率が下がってしまいますので、勝率をアップさせたい場合には必ずヨーロピアンタイプを選びましょう。

オンラインカジノではあまり見掛けませんが、中には000まで配置されているブラジリアンタイプもあります。
ルールこそほぼ同じですが、勝利にこだわるのでしたらヨーロピアンタイプ一択です。

展開が悪い時には損切りする

ルーレットに限らず、あらゆるギャンブルには波があるもので、良い展開が続く時もあれば、悪い展開が続くこともあります。
良い展開の時には問題ありませんが、もし悪い展開が続くようであれば、思い切って損切りする勇気が必要です。
負けているのにルーレットを離れるのは非常に悔しいものですが、ギャンブルで最終的に利益を出すためには、損切りが必要不可欠です。

「これだけ負けが続いているのだから、そろそろ勝ちに偏るだろう」「これ以上負けるはずが無い」などとアツくなってしまっては、損失を拡大させるだけです。
必ず損切りする金額を決めておき、展開が悪い時にはスパッと止める覚悟を持ちましょう。

目標金額を決めて勝ち逃げに徹する

損切りができたとしても、勝ち逃げができなくてはいつまで経っても利益を出すことができません。
展開が良い時というのは、「もっともっと勝てる!」「もう負ける気がしない!」と、ついつい大きなギャンブルに出てしまいがちです。

しかし、今展開が良かったとしても、次ゲームも同じように勝てる保証は一切ありません。
的中確率は常に一定なのですから、「展開が良い=確実に勝てる」というわけでは無いのです。
調子に乗って損失を生じさせないためにも、必ず目標金額を決めておきましょう。
「100ドルのプラスになった時点で勝ち逃げ」「資金が倍になった勝ち逃げ」などのように、具体的な勝ち逃げ金額を決めてください。
あとはそのルールをきちんと守る強いメンタルを持ち、ルーレットに挑むようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は、ルーレットの簡単なルール説明と実際に遊ぶ際に注意するべきことについて詳しくまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
ルーレットは、最終的にボールが落ちる数字を予想し、的中すれば配当を得られる単純明快なギャンブルであり、オンラインカジノ初心者にもおすすめです。
ただし、適当に遊ぶルーレットを決め、ただ闇雲にベットを続けているようではルーレットで安定した勝利を掴むことは難しいです。

必ずヨーロピアンタイプのルーレットを選び、展開が悪い時には損切り、目標金額を決めて勝ち逃げという3つの注意点は最低限頭に入れておきましょう。
ほぼ全てのオンラインカジノにルーレットは導入されていますが、絶対に違法のオンラインカジノで遊んではいけません。
ベラジョンカジノやカジ旅、ラッキーニッキーなど、日本でも知名度の高い大手の合法オンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

マイクロゲーミングにイカサマが絶対できない決定的な理由

マイクロゲーミングにイカサマが絶対できない決定的な理由
数多くあるゲームプロバイダーの中でもトップクラスの知名度を誇るのがマイクロゲーミング(Microgaming)です。
オンラインカジノで遊んだことが無くても、マイクロゲーミング(Microgaming)という言葉は聞いたことがあるかもしれません。
これまでに数多くの受賞歴を持ち、またたくさんの有名映画とのタイアップゲームをリリースしたりなど、常に驚きや感動を与えてくれるゲームプロバイダーです。
しかし中には「マイクロゲーミング(Microgaming)のゲームはイカサマをしているのでは?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回の記事では、マイクロゲーミング(Microgaming)にイカサマが絶対できない決定的な理由について詳しくご紹介していきます。

そもそもマイクロゲーミングとは

マイクロゲーミングは、オンラインカジノがまだ世の中にほとんど知られていない1994年に設立されたゲームプロバイダーで、業界トップクラスの歴史を持ちます。
マン島に拠点を置き、数多くのオンラインカジノと提携しています。
大変優れた技術を駆使しソフトウェアを開発しているため、マイクロゲーミング製のゲームを導入するオンラインカジノは、多額のライセンス料とゲーム使用料の支払いが求められます。
さらにマイクロゲーミングでは非常に厳しい審査を行っており、そう簡単にオンラインカジノと提携をしているわけではありません。
このことからマイクロゲーミング製のゲームを導入しているオンラインカジノは、資金力も信頼性も認められた優良オンラインカジノと言えます。
このような徹底されたマイクロゲーミングの運営方針から、この時点でイカサマができないことは理解できるかと思います。

マルタ共和国のライセンスを所持

マルタ共和国のライセンスを所持
ゲームプロバイダーとしてオンラインカジノのゲームを開発、リリースするためには、合法国政府機関からライセンスを取得する必要があります。
マイクロゲーミングはマルタ共和国からライセンスを取得しており、ゲームプロバイダーとして合法で運営しています。
このライセンスを取得するためには、資金力や運営体制など非常に厳しい審査をパスする必要があり、そう簡単に所持できるものではありません。
もしイカサマ行為がバレれば、即座にライセンスを剥奪され、それまでかかった莫大な費用や時間が全て台無しとなってしまいます。
そんな大損するリスクを背負ってまで、イカサマをするメリットは一つもありません。
またマイクロゲーミングでは、UK Gambling Commissionという第三者機関による監視を受けており、イカサマが出来ない仕組みが確立しているのです。
さらに第三者機関として有名なeCOGRAの設立にマイクロゲーミングが関わっていたことから、信頼性に申し分ないゲームプロバイダーだということがわかります。

RNGの搭載とペイアウト率の公開

マイクロゲーミングのゲームにはRNGを搭載しており、また毎月ペイアウト率を公開していることから、イカサマをする余地はありません。
RNGとは乱数発生装置のことで、ライフゲームを除く全てのゲームに搭載されており、完全ランダムでゲーム結果を抽選しています。
このRNGが搭載されたゲームは、演出プログラムをどれだけいじったとしても、ゲーム結果に影響することは無く、常に完全確率で抽選を行っています。
RNGを搭載している限り、マイクロゲーミングやオンラインカジノの運営側が不正行為をしようと思っても、物理的に不可能なのです。
そしてペイアウト率の公開ですが、毎月どれだけの金額がプレイヤーに払い戻されているのかを公にしています。
ペイアウト率とは、日本語で払戻率や還元率などと呼ばれ、例えば90%のペイアウト率のゲームに100ドルを投資したら、90ドルが戻ってくる計算です。
どれだけペイアウト率が表示されていても、実際にその通りに払い戻されているのか、プレイヤーには判断することができません。
そこでマイクロゲーミングでは、毎月実際に払い戻されたペイアウト率を公開していますので、不正行為をしたらすぐにバレてしまいます。
以上のことから、RNGの搭載とペイアウト率の公開をしているマイクロゲーミングは、イカサマをすることは一切できないのです。

まとめ

まとめ
今回は、マイクロゲーミング(Microgaming)にイカサマが絶対できない決定的な理由についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
マイクロゲーミングは、数多くあるゲームプロバイダーの中でも老舗的な存在であり、マルタ共和国からライセンスを取得しています。
さらに第三者機関からの監視を常に受けているため、物理的にイカサマをすることができないのです。
またRNGにより完全ランダムで抽選を行っていますし、毎月ペイアウト率を公開していることから、イカサマをする余地は一切ありません。
そもそもゲームプロバイダー業界を代表する会社であり、また第三者機関の設立に関わっていたマイクロゲーミングが、イカサマをして自ら信頼性を下げるようなことは絶対にしません。
マイクロゲーミングのゲームを導入しているオンラインカジノもまた、安心安全に運営していますので、イカサマの心配はいりません。

ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件

海外を拠点としライセンスを所持するネットカジノでしたら安心安全に遊ぶことはできますが、場合によっては摘発される恐れがあることも忘れてはいけません。
ベラジョンカジノやカジ旅、ジパングカジノなどの大手オンラインカジノでしたら問題ありませんが、注意したいのは日本人プレイヤーに特化したネットカジノです。

そこで今回の記事では、ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件についてまとめてみました。
スマートライブ事件とはどんな事件なのか?どうしてネットカジノプレイヤーが摘発されたのか?その後どうなったのか?などを詳しく見ていきましょう。

スマートライブ事件とは

スマートライブ事件とは
スマートライブ事件とは、2016年3月に初めてネットカジノプレイヤー3人が摘発された事件です。
それまで店舗型のネットカジノ、いわゆるインカジ店の摘発は何度もありましたが、自宅のパソコンやスマホを使っていたにも関わらず摘発されたことで、ネットカジノプレイヤーを震撼させました。

この事件をきっかけに「やっぱりネットカジノで遊ぶことは違法だ」「ネットカジノプレイヤーは摘発される」などと、ネットカジノに関するネガティブな情報が広まりました。
しかしネットカジノで遊ぶことに違法性は無く、たとえ日本国内で遊んだとしても摘発される心配はありません。

どうしてプレイヤーが摘発されたのか?

どうしてプレイヤーが摘発されたのか?
現在ほどではありませんが、2016年当時でもネットカジノプレイヤーは数多くいるのにも関わらず、どうしてスマートライブだけが摘発対象になったのでしょうか?
そもそも日本の賭博法が適用されて摘発されるのは、日本国内で賭博行為をした時であり、海外を拠点とする合法ネットカジノで遊んでも賭博法は適用されません。
スマートライブもライセンスを所持していましたし、拠点もイギリスに置いていました。

しかしスマートライブでは、日本人ディーラーがテーブルにつくなど、日本人専用のテーブルが用意されていたのです。
さらに日本人が多くアクセスする時間帯を狙ってテーブルを開放していたことから、言うならば日本人に特化した運営を続けていました。
この事実から、警察は「スマートライブの胴元は日本にいる」とみなし、プレイヤーの摘発に踏み切ったのです。

プレイヤーが特定された理由

スマートライブで遊んでいた日本人プレイヤーは数多くいましたが、なぜ3人だけが警察によって特定されてしまったのか気になるところです。

その理由がスマートライブのアカウントIDが写ったページをスクリーンショットし、SNSやブログへ投稿していたからです。
警察でスマートライブのアカウントを作成し、日本人専用テーブルのチャット履歴から証拠を集め、SNSやブログへ情報開示を求めたことから3人の摘発に踏み切りました。
つまりSNSやブログでプレイの様子を投稿していなければ特定されなかったのです。

ネットカジノは違法ではありませんが、法的にはグレーゾーンです。
スマートライブ事件のようなトラブルに巻き込まれてしまう恐れがありますので、SNSやブログなどで堂々とプレイの様子を公開するのは避けるようにしましょう。

その後プレイヤーはどうなったのか?

その後プレイヤーはどうなったのか?
摘発された3人には単純賭博罪が適用され、略式起訴によって10~20万円の罰金刑が課せられました。
オンラインカジノは違法なのか?と思うかもしれませんが、同年にスマートライブ事件以外にもNetBanQ事件でプレイヤーが逮捕されました。
その際、スマートライブ事件と同様に3人の内2人は罰金刑を受け入れましたが、1人はこの処分に納得できず、弁護士を雇って裁判で争うことにしたのです。

弁護士は「ライセンスを所持する合法ネットカジノの胴元は処罰できない」「胴元を処罰できない以上、プレイヤーも同じく処罰できない」「賭博法における刑事責任は胴元にある」という意見書を検察側に提出しました。
その結果、検察側が「裁判になっても有罪にすることは難しい」と判断したことから、1人は不起訴処分を勝ち取ったのです。
罰金刑を受け入れた2人は残念ながら前科が付く結果となってしまいましたが、一度受け入れた以上、これは仕方の無いことです。
それでもこの不起訴処分により、ネットカジノで遊ぶことは完全なる違法というわけでもないという形になり、裁判で争う姿勢を見せた1人の功績は大きいと言えます。

まとめ

今回は、ネットカジノプレイヤーが初めて摘発されたスマートライブ事件について詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
このスマートライブ事件を教訓として、ネットカジノのプレイをSNSやブログで公開せず、あまりにも日本人に特化したネットカジノの利用は避けるべきです。
日本の警察により「違法性があるとみなす」と判断されることで、理不尽ではありますが、摘発対象となってしまうケースがあります。

同じようなトラブルに巻き込まれないためにも、ベラジョンカジノやカジ旅、ラッキーニッキーカジノ、ジパングカジノなどの大手ネットカジノで遊ぶことをおすすめします。
これら大手ネットカジノでしたら安心安全にギャンブルを楽しむことができます。

ベラジョンカジノの大勝ち報告を調べてみた!

オンラインカジノ一番人気待ったなし

オンラインカジノ一番人気待ったなし
昨今はニュースやテレビをつければ、新型コロナウイルス感染症関連のものばかり、慣れを通り越して、いい加減ウンザリしている人も多いのではないかと思います。
世の中の流れは完全にステイホーム。
家に居る事が美徳とされる価値観の変容と共に、以前の様に外出する機会が減少している現状です。

しかし、その流れに乗っている業界も存在します。
それは公営ギャンブルです。

ボートレース、競馬、競輪などの公営ギャンブルは、軒並みその売り上げを急激に伸ばしており、特にボートレースは2020年に過去3番目の売り上げを記録する等、遊戯人口が急激に上昇している様です。
やはり、自宅のスマホ、PC等の環境があれば、気軽に投票が出来るシステムが構築されている事が、その一番の要因と思いますが、流れに乗っているのは公営ギャンブルだけではありません。

オンラインカジノも同じ様にその遊戯人口を急激に上昇させている業界の一つです。
オンラインカジノについてご存じない方も中にはおられると思いますが、オンラインカジノも公営ギャンブルと同様、スマホ、PC等の環境があれば、自宅で本格的なカジノを楽しむことが出来るサービスの事を指します。

カジノという言葉の通り、実際に賭けを行い、勝利すればリアルマネーを儲ける事も出来ます。
昨今、パチンコ、パチスロはかなり規制が激しくなっているので、正直言うと、還元率、爆発力含めて、オンラインカジノの方が圧倒的に上です。
数百万円の出金報告等ザラで、某ユーチューバーの方は一千万円以上の当選も多く重ねており、今やパチンコ・パチスロ等、足元にも及ばないギャンブルと言えます。

国内NO1人気を誇るベラジョンカジノ!

国内NO1人気を誇るベラジョンカジノ!
そんなオンラインカジノ、今日本で一番支持されているサービスはベラジョンカジノです。

最近はネットTVのCMをはじめ、様々な場面で目にすることがある名前で、認知度は他のカジノサービスを圧倒する程ですが、有名なだけではなく、実際のそのサービスは他のカジノよりも魅力的な部分が多いカジノサービスです。

その理由は幾つかありますが、一つはボーナスの存在です。
主に2種類のボーナスを提供しておりますが、1つ目は入金不要ボーナス、これは文字通り入金しなくても、登録するだけで付与されるボーナスマネーです。
もう一つは実際に入金する事により付与される入金ボーナス、これは登録後最大3回目まで入金額に応じて付与されるボーナスマネーで、最大1000ドルものマネーが付与されます。

いずれのボーナスも、実際の賭けに使用する事が出来、一定の条件をクリアすれば出金する事が出来ます。
条件の中でも一番ネックと言われる賭け条件も20倍と、他のカジノで設定している倍率よりも圧倒的に低い点も、ベラジョンカジノの人気の秘密の大きな部分ではないでしょうか。

また日本語サポートも充実、チャット、メールでのサポート体制も非常に親切で、安心してプレイする事が出来ます。

ベラジョンカジノの大勝ち報告について

Aさん
ベラジョンカジノ。
本日2度目の万ドル達成!+13378ドル!

Bさん
500ドルから300ドルのフリースピンを買いまくって、9000ドルまで増やした!ベラジョン様有難うございます。
フルーツパーティー(ゲーム名)最高!

Cさん
ベラジョンカジノに250ドル入金!バカラで+1045ドル!リールキングで+630ドル!なんかバカラ楽しくなってきた…!

Dさん
機能、ベラジョンカジノにもらったデイリーキャッシュのジャックポット10ドルが10000ドルになりました。
カジノには夢がありました。
本当に有難うございました。

等々、かなりの高額当選者が存在する事が分かります。
非常に夢がある事が分かります。

高額当選者の声を色々と拾い上げていくと、バカラ、ジャックポット、フリースピン購入等、色々なキーワードが見られます。

夢を追いかけてジャックポット!

夢を追いかけてジャックポット!
SNSで調べただけでも、上記の様な日本円で100万円を超える様な高額当選報告がありますが、実はオンラインカジノの底力はそんなものではありません。

ベラジョンカジノでは多くのジャックポットゲームが存在しますが、何とその歴史の中で4億のジャックポットを引き当てた方が居ます。
ヨーロッパ在住のMIAさんという方で、入金金額は77セントという当選金額に見合わない程の賭けベットでした。
この時に4憶のジャックポットの当選したゲーム名は「Joker Millions Mobile」というゲームでした。

日本国内では、900万円程のジャックポット当選報告が最高クラスと思いますが、それでもパチンコ、パチスロよりも夢があるのは間違いありません。

まとめ

オンラインカジノでも、とりわけベラジョンカジノは非常に評判が良いです。
しかも高額当選報告もSNSに相当数確認されており、大きな一攫千金の夢が秘められている様です。

入金不要ボーナス等もある様ですし、入金が怖いという方も、まずは登録して入金不要ボーナスで実際にプレイされてみては如何でしょうか?
もしかすると記事にある様な夢の高額当選があなたを待っているかも知れません。

マーチンゲール法の欠点を払拭したグランマーチンゲール法

マーチンゲール法というのは、確かに理論上は負けない攻略法ではありますが、勝った時の力が少ない欠点があり、これを払拭したのがグランマーチンゲール法です。
つまりマーチンゲール法のように負けるリスクを抑えつつ、勝てば大きな利益を得ることができるようになります。

ただしグランマーチンゲール法は、マーチンゲール法と比べて、1回のベット金額が増えるため、その分注意したいポイントがあります。
そこで今回の記事では、マーチンゲール法の欠点を払拭したグランマーチンゲール法のやり方や注意点について詳しくご紹介していきます。
負けたくない!でも大きく勝ちたい!という贅沢な悩みを持つ方の参考になれば嬉しいです。

マーチンゲール法の欠点

マーチンゲール法の欠点
マーチンゲール法と言えば、倍プッシュを続けることで確実に利益を出す攻略法として有名ですが、「儲けが少ない」という大きな欠点があります。
例えばマーチンゲール法開始時のベット金額が1ドルだった場合、その後どれだけ連敗が続き、どれだけ多額のベットをしても、勝った時の利益は1ドル止まりです。
一度でも勝てば確実な利益を出すことはできますが、最初にベットした金額以上絶対に勝つことのできないのがマーチンゲール法です。
いわゆる「塵も積もれば山となる」であり、少額の利益をコツコツと積み重ねていきます。

大きく勝ちたいからと言って、最初のベット金額を10ドルにすることで、100ドル超えはあっという間で、すぐに1,000ドル10,000ドルの壁を迎えてしまいます。
有り余る資金力があれば問題無いかもしれませんが、それだけの資金をベットしAて、得られる利益が雀の涙程度ではやる気も失せてしまいます。
まさにこれがマーチンゲール法における最大の欠点なのです。

グランマーチンゲール法のやり方

前項目のマーチンゲール法の欠点を払拭したのがグランマーチンゲール法で、連敗が続けば続くほど、勝った時の利益が大きくなります。
マーチンゲール法の場合、負けたら倍プッシュのみですが、グランマーチンゲール法は、倍プッシュ+1ドルをベットします。
例えば最初に1ドルをベットし、負けた場合の次ゲームは2+1で3ドル、3回目は6+1で7ドル、4回目は14+1で15ドル…のように、前ゲームでベットした金額に+1ドル追加するのがグランマーチンゲール法のやり方です。
また勝った時には最初のベット金額に戻し、再び同じように進めていきます。
こうすることで、勝利した時には全ベット金額の回収はもちろんのこと、「連敗回数×1ドル」の利益も得ることができます。

マーチンゲール法よりも資金力が必要

マーチンゲール法よりも資金力が必要
グランマーチンゲール法は、倍プッシュ+αをベットし続ける必要があるため、マーチンゲール法と比べて資金力が必要です。
「たかだか1ドルでしょ?」と思われるかもしれませんが、倍プッシュの際に1ドル追加されるだけで、ベット金額の上昇スピードがかなり加速します。
実際に数字を並べてみるとわかりますが、マーチンゲール法は「1→2→4→8→10」ですが、グランマーチンゲール法は「1→3→7→15→31」です。
5回目ですでに3倍以上の開きが出ており、これは小資金で遊ぶプレイヤーにとってはかなりの負担となること間違いありません。
以上のことから、グランマーチンゲール法を実践する場合には、マーチンゲール法以上の資金力が必要になりますのでご注意ください。

ベットリミットへの到達が早い

ベットリミットへの到達が早い
オンラインカジノのゲームにはベットリミットと呼ばれる「上限ベット金額」が設定されており、このベットリミットを超える金額をベットすることはできません。
つまりグランマーチンゲール法で連敗が続くことで、いつかベットリミットへ到達し、それまでの損失分を取り戻すことができなくなるのです。
マーチンゲール法よりも早いスピードでベット金額が上乗せされていくグランマーチンゲール法は、ベットリミットの制限を受けやすい攻略法と言えます。
ベットリミットは、各オンラインカジノによって違いがありますので、グランマーチンゲール法を実践する際には、出来る限り高いベットリミットのオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、マーチンゲール法の欠点を払拭したグランマーチンゲール法のやり方や注意点についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
マーチンゲール法よりもベット金額の上昇が早いグランマーチンゲール法ですが、その分、大きな利益を得ることができます。
グランマーチンゲール法のやり方も、マーチンゲール法のベット金額に+1ドルするだけですので、初心者の方でも特に問題なく実践することができるはずです。
ただし十分な資金を準備しておかなければ、資金不足で失敗に終わってしまう可能性があります。

またベットリミットによって資金はあっても、強制的に続けることができなくなることがあることも忘れてはいけません。
それを踏まえて、マーチンゲール法よりも大きく勝ちたい!マーチンゲール法のように簡単に攻略したい!という方に、グランマーチンゲール法はとってもおすすめな攻略法です。

ネットカジノが違法だと議論されているのは日本だけじゃない

ネットカジノは日本国内では違法だとの意見もあります。

もちろんこれはあくまでも噂であって、実際のネットカジノを楽しむ場合には違法ではありません。

それでも尚、ネットカジノが違法なのではないかとの声が出るのは国内の法律に照らし合わせているからこそですが、現実問題違法なのかという点や、日本以外の国ではどのような形で扱われているのかなども見てみましょう。

日本でネットカジノが違法なのではと囁かれている理由

日本でネットカジノが違法なのではと囁かれている理由
日本国内でネットカジノが違法なのではないかと囁かれている理由は明確です。
それは日本の法律に違反しているからです。
日本では賭博や賭博に該当する行為は、サービスとしてお店がお客に提供するのはもちろんのこと、友人同士での軽い賭けも違法で、警察がその気になれば逮捕される可能性もあります。
このように、日本国内ではカジノを含めた賭博行為が違法なのでネットカジノが違法だと指摘されています。

しかし、既に多くの方がご存知のように、そもそもネットカジノは日本のサービスではありません。
仮に日本の業者が提供しているサービスであればネットカジノは間違いなく違法ですが、ネットカジノは海外の業者が海外を拠点に提供しているもので、インターネットという環境のおかげで日本国内にいながらにして楽しめるものです。

そのため、日本のサービスだと錯覚している人もいるのですが、海外を拠点にしたサービスである以上、法律の適用は日本の法律ではなく、現地の法律です。
日本では賭博が違法ですが、賭博やギャンブルが合法な国、エリアもあります。
それらの国を本拠地に営業しているネットカジノであれば、違法ではありません。

ネットカジノが違法な国と合法な国

ネットカジノが違法な国と合法な国
基本的にネットカジノはカジノやギャンブルが合法の国にて営業されています。
また、誰でも簡単に営業できるジャンルではなく、合法な国ではあってもライセンス制なので、ライセンスを取得して営業が「合法」になります。
一方で、日本同様カジノや賭博が違法の国もあります。

その割合を見てみると、ネットカジノを合法としている国・地域は世界でおよそ200程度。
逆に違法としている国・地域は35程度。
つまり、世界的に見るとネットカジノを合法としている国・地域の方が圧倒的に多いことが分かります。

また、法律は変化するものなので、かつては違法だったものの、合法に変わる可能性もあります。
また、ネパールのようにネパール人は違法ではあるものの、海外旅行客は問題なしとする国もあるなど、世界を見てもネットカジノに関してはそれぞれ事情が異なります。

ネットカジノは世界的なコンテンツ

このように、ネットカジノは世界的なコンテンツだと考えることができます。
違法な国もあれば合法の国もありますが、世界的なコンテンツである以上、日本だけで考えるのではなく、ましてやインターネットというボーダレスの環境を利用したサービスである以上、世界の情勢まで把握しておく必要があります。

確かに日本国内だけで考えた時、ネットカジノは違法だと指摘されても当然ですが、むしろ日本の業者が営業しているネットカジノはほとんど見かけることはありません。
探せばあるかもしれませんが、仮に日本の業者が日本を本拠地に、日本人向けにサービスを提供していれば、紛れもなく違法です。

しかし現実的には健全に営業しているネットカジノのほぼすべてが海外の業者です。
ライセンスを取得しているだけではなく、第三者機関から監査を受けることで法律面だけではなく、公平性をアピールしているネットカジノもあれば、経営母体が自国で株式上場している信頼できる企業もあります。

ネットカジノを違法だと誤解している人が多い理由

ネットカジノを違法だと誤解している人が多い理由
このように、ネットカジノは海外のサービスなので違法ではありません。

しかしネットカジノを違法だと誤解している人が多いのも事実です。
その背景に、ネットカジノが海外のサービスであることを知らない人が多い点が挙げられます。
スマートフォンであれば手元の操作で簡単に楽しめるなど、身近な存在となっているネットカジノ。
あまりにも身近なので、まさか海外のサービスだとは思わない人が多くとも不思議ではありません。

特に近年は日本人をターゲットにしているネットカジノもあります。

公式ホームページには流暢な日本語が記載されているだけではなく、サポート・カスタマーも日本語対応にするなど、日本人にとってより身近な存在となっていますので、海外のサービスだとは思わない人もいるようです。

そのため、日本国内の観点から、違法なのではないかと指摘されているのですが、どれだけ身近なものではあっても、ネットカジノは海外のサービスです。

ネットカジノは海外のサービスだからこそ違法ではない

ネットカジノは海外のサービスです。
法律の適用範囲は日本国内のものではなく、現地のものです。

そして多くのネットカジノがネットカジノが合法な国・地域にて営業されています。
この点からも、ネットカジノは安心して楽しめるコンテンツであることが分かるのではないでしょうか。

ラッキーニッキーの入出金はヴィーナスポイントがおすすめ!

ラッキーニッキーは日本人向けのオンラインカジノと謳われているように、日本人にとってありがたい・使いやすいと感じる環境が多々用意されています。
クレジットカードからの入金が可能など使い勝手の良いオンラインカジノとして知られていますが、入出金に関してのおすすめはヴィーナスポイントです。

ここではなぜヴィーナスポイントがおすすめなのかや、ヴィーナスポイントでの入出金の特徴についてをご紹介しますのでご覧ください。

ラッキーニッキーの入出金方法は豊富

ラッキーニッキーの入出金方法は豊富
ラッキーニッキーの入出金方法は豊富です。

まずは入金から見てみると、エコペイズやヴィーナスポイントだけではなく、クレジットカード、銀行送金、アストロペイなどが可能です。

日本人でも気軽に楽しめるオンラインカジノの多くでは、送金サービスによる入出金が一般的ですが、ラッキーニッキーはクレジットカードでの入金が可能なだけではなく、エコペイズやヴィーナスポイント以外にもマッチベターやアストロペイの利用が可能です。

実際にマッチベターやアストロペイを利用している日本人は少数派かとは思いますが、選択肢が豊富という点では、ありがたいのではないでしょうか。

もしもですが、今後マッチベターやアストロペイが日本に広く普及した場合、ラッキーニッキーであればすぐに利用できることを意味しています。

入金のみの方法もある

クレジットカードによる入金が可能な点はラッキーニッキーの魅力ではあるのですが、出金に関しては対応していません。

銀行送金に関しても入金のみとなっていますので、出金に関しては別の方法を模索しなければなりません。

その点、エコペイズ、ヴィーナスポイントといった送金サービスは入金だけではなく出金にも対応していますので、スムーズな入出金をと考えると、ヴィーナスポイント等の送金サービスの方が良いでしょう。

ヴィーナスポイントの入出金あれこれ

ヴィーナスポイントの入出金あれこれ
ヴィーナスポイントを利用する場合、入金は10ドルから、出金は20ドルからとなっています。

出金に関しては1時間程度で処理するとアナウンスされていますので、他のオンラインカジノと比較するとスピーディーです。

但し、1時間以内の出金は2回目以降で、かつ必要書類を提出している場合に限ります。

初回出金時は様々な確認があるので少々時間がかかるとのこと。
それでもあくまでも「1時間以上かかる」とするものであって、数日、一週間と長時間かかることはありません。

ヴィーナスポイントがおすすめの理由

ラッキーニッキーの入出金においてヴィーナスポイントをおすすめする理由として、ポイント制度が挙げられます。

ヴィーナスポイントに出金すると、1ドル=1ポイントたまります。
貯めたポイントは日本の国内銀行口座に振り込みが可能など、特典が用意されています。
つまり、ヴィーナスポイントはラッキーニッキーで楽しみ、出金すればするほどポイントが加算され、お得になるシステムとなっています。

その点ではハイローラーやヘビーユーザーであればあるほど、ヴィーナスポイントのポイント制度の恩恵を受けやすいでしょう。

様々なオンラインカジノに対応している!

様々なオンラインカジノに対応している!
ヴィーナスポイントのメリットとして、ラッキーニッキーだけではなく他の数多くのオンラインカジノに対応している点が挙げられます。

つまり、これからヴィーナスポイントに申し込んだとしても、ラッキーニッキー以外の様々なオンラインカジノでの利用が可能です。
決してラッキーニッキー専用の送金サービスではありませんので、ラッキーニッキー以外のオンラインカジノを利用することになったら使わなくなる…といったことはありません。

そもそも、ヴィーナスポイントはオンラインカジノ専用の送金サービスではありません。
海外への送金も可能なので、オンラインカジノ以外の用途で利用することがあるかもしれません。
維持費がかかるものでもありませんので、ヴィーナスポイントを開設しても損はないでしょう。

むしろヴィーナスポイントのアカウントを持っていることで、他のオンラインカジノもスムーズに行えるようになりますので、これからオンラインカジノをと始めようと考えている人は、ヴィーナスポイントに申し込んでおくとよいでしょう。

ラッキーニッキーを楽しむならヴィーナスポイント!

ラッキーニッキーではヴィーナスポイント以外にも入出金の方法があります。

しかし、出金額がポイントとして加算されるのはヴィーナスポイントだけです。
入出金に関しては、まずはオンラインカジノに対応しているのか。
さらには利便性が問われますが、ヴィーナスポイントであれば、さらに「お得」が待っています。

送金サービスにはそれぞれ特徴がありますが、ポイントが用意されており、利用すればするほどお得になる送金サービスはヴィーナスポイントならではな部分になりますので、オンラインカジノやラッキーニッキーをがっつり楽しみたい人は、ヴィーナスポイントを検討してみるのもよいでしょう。

ルーレットにはどのような勝ち方が待っているのかを徹底解説!

オンラインカジノの中でもルーレットはシンプルなルールでありながら奥深さも備えていることから、初心者から上級者まで幅広く親しまれているゲームです。
そんなルーレットですが、どのような勝ち方が待っているのかを様々な角度から見てみるとしましょう。

ルーレットの勝ち方は多種多様!

ルーレットの勝ち方は多種多様!
ルーレットは様々な楽しみ方が待っていますので、勝ち方もまた、様々です。
いわゆる安全志向で、ローリスクにゲームを進めて手堅い勝ち方も可能なら、博打的に大きな勝負に出て一攫千金を掴むことも可能です。
つまり、ルーレットは自分次第です。

特にオンラインカジノのルーレットの場合、モニターの前で自分のペースで楽しむことができます。
現場の雰囲気やバンカー・ディーラーに圧倒されることもなければ、早くベットしろと急かされるような視線を周囲から向けられることもありません。

そのため、オンラインカジノのルーレットはじっくりと楽しみたい人に初心者にもおすすめです。
ベット術の練習場所としても適している環境にありますので、試したいベット術がある初心者はオンラインカジノのルーレットで実践してみると良いでしょう。

もちろんベット術を試すだけではなく、様々な楽しみ方が待っていますし、ルーレットは多くのオンラインカジノに用意されている身近なゲームです。
決して限られたオンラインカジノだけに用意されているゲームではありませんので、その点も含めて楽しみやすい・親しみやすいゲームです。

ルーレットは盛りだくさん

オンラインカジノでみられるルーレットは主にアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレット、フレンチルーレットの3種類です。
さらに、それぞれどのような形でベットするかも自由です。

例えば色だけで分けるのであれば2分の1で当てることができます。
数字をピンポイントで当てるとなればなかなか簡単ではありませんが、その分当たった時のリターンは大きなものになるでしょう。
他にも奇数・偶数、大きい数字か小さい数字かなど、ルーレットの賭け方は多種多様です。

つまり、同じルーレットではあってもリスクを抑えた遊び方から、ハイリスク・ハイリターンな楽しみ方も可能です。
ギャンブルは基本的にゲームによってある程度方向性が決まるものですが、ルーレットに関してはプレイヤー次第です。
つまり、どのような勝ち方を求めている人も、ルーレットを楽しめるのです。

ローリスクでの勝ち方を求めるなら?

リスクを抑えての勝ち方を求めるのであればマーチンゲール法やモンテカルロ法を活用しつつ、できる限り勝率の高いゲームを行うと良いでしょう。
例えば確率が2分の1であれば、初心者ではあっても2回に1回は勝利を掴むことができます。
そこでマーチンゲール法を活用することで、負けた分も回収できますので、とりあえずルーレットを楽しみたい初心者や、できればリスクを最小限にと考えている人はマーチンゲール法を駆使し、2択で楽しんでみると良いでしょう。

とにかく勝ちたい!

とにかく勝ちたい!
ヨーロピアンルーレットを選んだ方が良いでしょう。
ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの違いは、盤面の数字の数です。

38個の数字があるアメリカンルーレットと37個の数字のヨーロピアンルーレット。
わずか1個だけしか違いはありませんが、この1個がゲーム性を左右します。

そのため、ヨーロピアンルーレットの方が稼ぎやすいとされています。
また、リスクを抑える方法はもちろんですが、ペイアウトの高いオンラインカジノのルーレットを選ぶことも大切です。

ハイリターンを求めるなら!

ハイリターンを求めるのであればアメリカンルーレットで、かつ数字をピンポイントで狙ってみると良いでしょう。
なかなか当たらないかもしれませんが、当たった時のリターンは大きいです。

さらにはモンテカルロ法のように、ハイリターンを狙えるベット術を組み合わせることで、一度の勝利でより大きなリターンを獲得できます。
もちろんゲーム単位で見るとなかなか勝率は低下しますので、それ相応の予算が必要になりますが、大きなリターンのためにはある程度の出費も割り切れるプレイヤーであれば、思い切ってハイリターンを狙ってみるのもよいでしょう。

プレイスキルはもちろんですが、忍耐もある程度求められますので、人それぞれ合う合わない・向き不向きがありますが、向いている人・合っている人であれば思い切って大きな利益を狙ってみるのもよいでしょう。

勝ち方が多々あるのもルーレットの魅力

勝ち方が多々あるのもルーレットの魅力
このように、ルーレットは遊び方が多種多様なので、勝ち方も様々です。
自由度という点ではオンラインカジノのゲームの中でも随一なので、ルーレットを楽しむのであれば、どのような勝ち方を求めているのかによってプレイスタイルを決めてみるのもよいでしょう。
どのようなプレイスタイルで遊ぶのも自由です。むしろオンラインカジノであれば、周囲の目を気にする必要もありませんので、自分のペースでじっくりと楽しめることでしょう。

日本を見据えたオンラインカジノが展開されるのは何故なのか

オンラインカジノは、誕生から25年以上の歴史があり、近年では日本に上陸する数も多くなりました。
その中で、日本という風土や、日本のユーザーを見つめた、日本向けのオンラインカジノもいくつか登場しました。
今回は、日本向けのオンラインカジノの紹介や、オンラインカジノの日本での発展の歴史を紹介します。

日本とオンラインカジノの関係

日本とオンラインカジノの関係
日本では、賭博法によって現実での闘技場、いわゆるカジノの運営は行えません。
しかし、オンラインカジノは、インターネットを通して、他の国にあるサーバー内の、仮想のカジノに入場してカジノで遊ぶという考え方になります。

つまり、海外にサーバーがあるオンラインカジノでは、日本国内にカジノは存在しないため、合法的にカジノで遊ぶことが可能なのです。

このような背景があることと、日本にいながらにして、カジノで遊びたいと思うユーザーがいることから、日本を見据えたオンラインカジノが増えてきたのです。

日本向けのオンラインカジノの上陸と進化

日本向けのオンラインカジノの上陸と進化
オンラインカジノが日本に上陸したのは1997年ころで、日本ではインターネット発展の黎明期でした。
そして、ジパングカジノをはじめとするオンラインカジノが、日本語に完全に対応したサイトや、日本語のサポートを開始したことで、日本向けのオンラインカジノは2000年代後半から数を増やしていきます。

また、オンラインカジノは運営母体が海外の会社で、カジノサイトの設置されているサーバーが海外にある事から、ユーザーの情報を保護するための、セキュリティの強化も意識されはじめました。

オンラインカジノでは、運営に必要な権限を得るために、賭博を公認している国からライセンス認証を得ます。
日本向けに展開するオンラインカジノでは、特にセキュリティや公平性、透明性が重視されるため、この頃から、取得基準が高いマルタ島のライセンスや、キュラソー島のライセンスを取得する動きが出てきました。

日本向けのオンラインカジノが増える理由

日本向けのオンラインカジノは増加してきましたが、全てのオンラインカジノに共通する点が一つあります。
それは、日本向けに展開されるオンラインカジノは、日本国内にサーバーを設置していないことです。

仮に日本の会社がオンラインカジノを運営しようと計画し、サーバーと運営会社を国内に置くと、賭博場を設置したことと同義になってしまい、摘発される可能性があります。
そのため、日本の会社はオンラインカジノに参入出来ないのです。

しかし、ラッキーニッキ―やジパングカジノなどの海外のオンラインカジノは、そのような日本の法規制を理解したうえで、日本のユーザー向けにサポートを手厚く行い、合法的にカジノを楽しめるように配慮してきました。
これが、日本向けのオンラインカジノが増えた理由です。

日本に沿ったオンラインカジノの紹介

日本に沿ったオンラインカジノの紹介
それでは、日本を意識した運営方針をアピールしていることや、日本のユーザーに向けたサービスが豊富なオンラインカジノを、3つ紹介していきます。

ジパングカジノ
2005年に運営開始されたジパングカジノは、日本で運営されているオンラインカジノの中で初めて、24時間のサポートデスクの設置を行った実績があります。
名前に日本を表すジパングを付け、カジノゲームも、日本語のみで問題なく使用できます。

運営元であるASIANBGE社は、アジア最大のオンラインカジノ運営会社のため、アジア圏の言語に強いスタッフの配置が可能な点は、他のオンラインカジノと比べ、大きな利点です。

ラッキーニッキー
ラッキーニッキ―は、2017年に創設されたオンラインカジノです。
ラッキーニッキ―の注目点は、日本のアニメーションのようなデザインのイメージキャラクターを作成したり、日本の文化をイメージしたサイトデザインを心がけた、日本向けのオンラインカジノであるということです。

ラッキーニッキ―では、サイトの背景が、日本の繁華街をイメージしたイラストを使用したり、スロットゲームに鯉や、忍者といった日本の伝統的な文化を取り入れたりしています。

ラッキーニッキ―も日本語でのサポートを行っており、24時間対応のメールサポートと、午後3時から午前3時まで可能な、日本語での電話対応も可能です。

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノは、2011年に運営がスタートしたオンラインカジノです。
サイトの表示言語も日本語に対応していて、運営スタッフにも日本人が常駐しています。
また日本のプレイヤーのみ参加できるキャンペーンの展開や、日本国内の銀行口座に、電子決済サービスなどを使用せずに出金できるサービスなど、日本のプレイヤーに向けた手厚いサービスが大きな特徴です。

オンラインカジノでは日本語でのサポート対応が充実しているものや、専用のキャンペーンの開催、さらにカジノゲーム自体に日本の要素を取り入れたりと、日本のことを想ったカジノが出てきました。

日本のプレイヤーを尊重し、法律に沿って海外の会社が運営するオンラインカジノは、日本のユーザーにカジノを遊ぶための入口を広げる役割を果たしています。

信頼と実績があり初心者でも安全に遊べるマイクロゲーミング

オンラインカジノは色々な企業の努力によって成り立っていることが多いです。
オンラインカジノのお店を運営する企業だけではなく、オンラインカジノのゲームを提供するソフトウェアプロバイダーも色々な努力をしており、オンラインカジノの楽しさや安全性を作り上げています。
今回はオンラインカジノ界でも大手のソフトウェアプロバイダーであるマイクロゲーミング社について紹介していきます。

歴史あるプロバイダー・マイクロゲーミング

歴史あるプロバイダー・マイクロゲーミング
マイクロゲーミングの歴史はオンラインカジノの創成期と一緒にあり、1994年に英国マン島にて設立されました。
マイクロゲーミングはオンラインカジノでは有名な会社として知られていますが、創設当時からランドカジノにも数々のソフトウェアを提供しており、こちらでも支持を得ています。

マイクロゲーミング社がこれまで提供してきたゲームの総数は800を超えるものとなっており、さらには毎月新しいゲームを開発していることでも有名です。
開発力も高いことから数多くのタイアップゲームやコラボレーションゲームも作られており、ゲームシステムもエンターテイメント性が高いのが魅力です。

マイクロゲーミング社と信頼性

マイクロゲーミング社と信頼性
オンラインカジノの信頼性を担保するものには、政府からの公式ライセンスや第三者機関からの審査があります。
こちらはオンラインカジノのお店が受けるものと思われがちですが、ソフトウェアプロバイダーが受けることも可能な制度となっています。

マイクロゲーミング社はマルタ共和国やイギリスが発行しているライセンスを取得しており、その安全性や公平性が高い水準だと認められています。
オンラインカジノの公平性を審査することで有名な第三者機関としてはeCOGRAがありますが、マイクロゲーミング社はこの機関を共同設立しており、この点からも非常に信頼がおける会社として認められています。

各団体との丁寧で細かい対応やサポート

マイクロゲーミング社は歴史のあるソフトウェアプロバイダーとして数多くの企業にゲームを提供しているのですが、その対応やサポートも丁寧である点からも支持されています。
企業側に対するサポートが充実しているのも良い点なのですが、ペイアウト率の公開というのはユーザー側にとっても信頼性を高める結果となっており、企業からもユーザーからも支持が高いのがマイクロゲーミング社なのです。

遊びやすくエンターテイメント性も高いソフトウェア

マイクロゲーミング社では数多くの種類のカジノゲームを提供しています。
最も人気なのがスロットマシンですが、これ以外にもテーブルゲームであるブラックジャックやバカラ、ルーレット、ビンゴゲーム、ライブゲームなども揃っています。
特に一攫千金が狙えるジャックポットのシステムが導入されているスロットマシンは非常に人気なものとなっており、こちらはコラボレーションゲームが豊富なことでも有名です。
ターミネーターやジュラシックパーク、ドゥームレイダーズ、ゲーム・オブ・スローンズなど原作をリスペクトして作られたゲームも多くあり、迫力満点のプレイを体感することができます。

マイクロゲーミング社のシステムとして有名なものにはソフトウェアVIPERがあり、こちらは非常に洗練された操作性を提供しています。
グラフィックやサウンドも一流なのですが、多言語変換機能やプレイ履歴や入金履歴の確認、オートプレイの機能などユーザー側が快適にプレイできるようになっており、プレイヤー側からも評価が高い理由なのです。

ジャックポットで一攫千金が狙えるMega Moolah

ジャックポットで一攫千金が狙えるMega Moolah
マイクロゲーミング社のソフトウェアとして最も有名なものとしてはMega Moolah(メガムーラー)があり、こちらはプログレッシブジャックポットを導入しています。
こちらはジャックポットの種類が4つあるのが特徴的であり、一番賞金が高いものだと20億もの高額が支払われています。
一攫千金が狙えるのが特徴なこのMega Moolah(メガムーラー)ですが、細かい点としてはフリースピンやマルチプライヤーも導入されているので、普通に遊んでいても細かく稼げるようになっているのも良い点でしょう。

安全に遊べるマイクロゲーミング社のゲーム

オンラインカジノは最近日本語対応を丁寧にしているところが多くなってきましたが、実はマイクロゲーミング社自体でも日本語対応をしているゲームが多いこともあり、日本人でも分かりやすいゲーム性になっているのも良い点でしょう。
マイクロゲーミング社のソフトウェアを導入しているオンラインカジノはベラジョンカジノ、カジ旅、カジノシークレット、ラッキーニッキーなど大手のお店が多く、これらのお店は安全性も高いことで有名です。

日本でもオンラインカジノを個人で楽しめる時代になってきましたが、やはり大手のお店やマイクロゲーミング社のような信頼性の高いソフトウェアを導入しているお店ならば安心して遊ぶことができます。
マイクロゲーミング社のソフトウェアは信頼性だけではなく、エンターテイメント性も高いものが豊富に揃っているので、安全にゲームを楽しむことができるのも強みでしょう。